橋本聖子会長、14歳山田と50歳杉浦に感動「実は泳げない…」とカナヅチも告白

スポーツ報知
橋本聖子会長

 東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長、国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長らが5日、東京・有明のメインプレスセンター(MPC)で大会の総括会見を行った。

 橋本会長は、大会中最も印象に残った場面を聞かれ、競泳で女子50Mと100M背泳ぎ(運動機能障害S2)の2種目で銀メダルを獲得し、日本勢として最年少メダリストになった14歳の山田美幸(WS新潟)の名前を挙げた。「山田美幸選手には非常に感動した。私は実は泳げないもので、競泳選手には特別な思いを持っている、素晴らしいなと思って感動した」

 また、自転車で2冠に輝いた50歳の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)にも触れ「自分も自転車競技をやっていたので…。杉浦さんの『最年少記録は塗り替えることができないが、最年長記録は塗り替えることができる』というのは素晴らしい言葉だった」と笑みを交えて振り返り、「全ての選手に感謝したい」とねぎらった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請