「HiHi Jets」と「美 少年」がジャニーさんの意思とタッキーの思い胸に熱演

スポーツ報知
舞台「少年たち」の稽古で鍛え上げられた肉体美を披露するHiHi Jetsと美少年のメンバー

 ジャニーズJr.5人組「HiHi Jets」と6人組「美 少年」が4日、東京・新橋演舞場で主演舞台「少年たち 君にこの歌を」(5~27日、同所)の公開ゲネプロ&初日前会見に出席した。

 1969年の初演からジャニー喜多川さん(19年死去、享年87)が企画・構成・総合演出を手掛けた伝統作。少年刑務所の少年たちの成長を描いたストーリーは変えず、今回は滝沢秀明副社長(39)が演出を担当した。「ジャニーさんが『少年たち』を通じて何を伝えたかったか。答えは分からないけど、メッセージを感じながら」という滝沢氏の思いに、両グループの11人が応えた。

 楽曲やコンサートで共演経験は多いが、舞台上では赤と青の衣装を着用し、火花を散らす場面も。ジャニーさんがこだわり抜いた公演名物「桶(おけ)ダンス」を踊り、滝沢氏が考案した天井から水が落下する中で太鼓をたたく「クラッシュビート」では圧巻のパフォーマンスを披露した。

 伝統と革新が重なった舞台。「HiHi―」の高橋優斗(21)は「滝沢さんがずっと稽古に立ち会ってくれて芝居の意図も説明してくださった。今まで感じたことがない新しい経験でした」と振り返り、「ジャニーさんが伝えたいことも考えました。褒めてくれなくても笑ってくれていたらいいかな」と空を見上げた。

 2010年の再演以降、同舞台に主演したグループはいずれもCDデビューを果たしているだけに、「美 少年」の岩崎大昇(19)は「劇場入りして、これでデビューかなって(笑い)。日々進化して、そこに名を連ねられるように」と歴史あるステージを出発点にする覚悟をにじませた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請