【大学野球】リードオフマン・宮原怜人が3安打2打点 春季2位の大経大が白星発進…関西六大学

◆関西六大学野球秋季リーグ戦 第1節1回戦 大経大7―5龍谷大(4日・大阪市南港中央)

 今春リーグ2位の大経大が龍谷大との接戦を制し、白星発進した。

 1番・宮原怜人二塁手(4年)が打線をけん引した。第1打席は空振り三振に終わったが、迎えた第2打席、3回1死二、三塁。「前の打席でいつもなら振らないボールを振って三振になってしまったので、次は必ず出塁しよう」と打席に入り、左翼線際へ2点二塁打を放った。「基本である低く、強く打つことを心がけている」と第4、5打席ではともに中前安打。両軍最多の3安打で勝利に貢献した。

 大経大OBで、巨人、オリックスでプレーした山本和作監督は「よくやってくれた。1番の役割をしてくれた」と評価。宮原も、「4回生がやらないといけないと思ってやっている。勝利につながってよかった」と胸を張った。

 秋季の目標は優勝のみだ。「春は2位で、秋は絶対優勝しようと言っている。優勝するためには1敗もできない」と宮原。「デッドボールでもどんな形でも出塁する」と心に刻むリードオフマンが2007年春以来の優勝への道を切り開く。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請