【関西学生】京大医学部の水口創太が自己最速149キロ 来年ドラフト候補に浮上 開幕戦勝利

京大医学部の水口創太は最速149キロをマークして勝利
京大医学部の水口創太は最速149キロをマークして勝利

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第1節1回戦 京大5―3近大(4日・わかさスタジアム京都)

 京大の水口創太投手(3年)が自己最速を1キロ更新する149キロをマークした。医学部に在籍する194センチ右腕は、7回からの2イニングを無安打無失点に抑え、リーグ戦初勝利を挙げた。「心の底からうれしい」と、2014年春季以来の開幕戦勝利に喜びをかみしめた。

 膳所(滋賀)から1浪して京大医学部人間健康学科に入学。入学前の最速は140キロに満たなかったが、ウェートトレーニングの結果、10キロ近く球速が上がった。社会人やプロ入りを目指しており、来年は異色のドラフト候補として注目を集めそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請