【中日】ドラ3・土田龍空がプロ初出場「長く1軍で野球ができるように」 近江高時代は甲子園でも活躍

スポーツ報知
守備練習をする中日・土田龍空

◆JERAセ・リーグ 中日1―3DeNA(4日・バンテリンD)

 中日のドラフト3位の高卒ルーキー・土田龍空(りゅうく)内野手が、プロ初出場を果たした。9回から二塁の守備に就いた。守備機会はなく、打席も回ってこなかったが、プロとしての一歩を踏み出した。「緊張するかなと思っていましたが、いつも通りでした。長く1軍で野球ができるように、自分のできることをしっかりやっていきたいです」と今後の活躍を誓った。

 体幹のコンディション不良で登録抹消された溝脇隼人内野手に代わり、3日に出場選手登録されていた。滋賀・近江高では1年夏から甲子園で華麗な遊撃守備を披露し、打っても高校通算30発の逸材。今季ウエスタン・リーグで82試合に出場し、打率2割3分8厘、1本塁打、22打点、9盗塁をマークしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請