19歳の梶原大暉が決勝進出で銀メダル以上確定…元野球少年で期待の有望株

スポーツ報知
「スリー・アギトス」

◆東京パラリンピック バドミントン男子シングルス準決勝(4日、東京・国立代々木競技場)

 今大会から採用されたバドミントンの男子シングルス車いすWH2準決勝では梶原大暉(日体大)が、韓国選手を2―0で下し、決勝進出を決めた。銀メダル以上が確定し、決勝は5日に行われる。

 野球少年だった梶原は、中学2年生のときに自転車での交通事故に遭い、右足太もも切断、左下肢にはまひが残った。ソーシャルワーカーの方からの紹介で2017年、15歳の時に競技を開始した。

 準決勝進出を果たした際には「最終的には金メダルを取りに行きたい」と意気込んでいた。この日は、村山浩(SMBCグリーンサービス)と組むダブルスで、準決勝(午後2時30分開始予定)に挑む。

 日本勢は、女子単で車いすWH1の里見紗李奈(NTT都市開発)、上肢障害SU5の鈴木亜弥子(七十七銀行)が決勝進出を決め、銀メダル以上を確定させている。

 ◆梶原大暉(かじわら・だいき) 2001年11月13日、福岡市生まれ。19歳。福岡市立福翔高卒、日体大在学中。19年デンマーク国際大会で単複優勝、20年ペルー国際大会で単複準優勝。愛称は「かじ」。座右の銘は「初志貫徹」。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×