「これだけ愛着あるクラブはブラジルにもない」C大阪・クルピ前監督が帰国 監督業は引退を宣言

スポーツ報知
関西空港発の航空機で帰国したC大阪・クルピ前監督

 8月にC大阪の監督を退任したレヴィー・クルピ氏が3日、関西空港発の航空機で帰国した。

 8年ぶり通算4度目の指揮を執った今季は成績が低迷。シーズン半ばでチームを去ることとなったが、空港にはサポーターが駆けつけ別れを惜しんだ。サインや写真撮影などに応じたクルピ前監督は「長いキャリアのなかでこれだけ愛着があるクラブはブラジルにもない。皆さんの友情に感謝です」と感無量の表情を浮かべた。

 今後に関しては「監督の仕事? 引退します」と監督業からは退くことを宣言。「(今季は)ブラジルではやらないつもりだったが、セレッソからのオファーだったので受けた」と明かした。C大阪から5度目の就任オファーが来た場合について尋ねられると「セレッソだったらまた考えるかもしれない」と冗談っぽく笑った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×