【中日】大野雄大ら3投手で“スミ1リレー” V打は44歳・福留孝介

スポーツ報知
7回無失点で5勝目を挙げた大野雄大

◆JERAセ・リーグ 中日1―0DeNA(3日・バンテリンD)

 中日が、3投手の継投で初回の1点を守り抜いた。先発・大野雄大投手が7回6安打無失点。7回には2死からDeNAの代打攻勢の前に一、三塁のピンチを招いたが、最後は伊藤光を力ない左飛に仕留めた。「初回にもらった1点で何とかしのいでいこうという思いで、それができて良かった」とエース左腕。好投にリリーフも応え、又吉、R・マルティネスがそれぞれ1回完全投球で“スミ1”を締めくくり、大野雄は5勝目を挙げた。

 初回の決勝点は、球界最年長・福留のバットがもたらした。2死一、二塁、カウント2―2からのカットボールに差し込まれながら、打球は左前に落ちた。「追い込まれていましたが、何とか良いところに落ちてくれて良かったです」。本拠バンテリンDでの打点は、7月10日のDeNA戦以来、リーグ戦再開後は初だった。44歳ベテランは今季最長7戦連続でスタメン。与田監督は「本当に年齢を感じさせない動きで頑張ってくれている」とたたえた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請