【大学野球】早大・徳山壮磨がリーグ戦前ラスト登板で5回4安打無失点「手応えを感じている」

スポーツ報知
5回4安打無失点と好投した早大・徳山(カメラ・北川栞)

◆大学野球オープン戦 ▽早大10―0玉川大(3日・早大安部球場)

 大学最後のシーズンへ弾みを付けた。早大のMAX151キロ右腕・徳山壮磨(4年=大阪桐蔭)が、首都大学リーグ2部・玉川大戦でリーグ戦開幕前最後の実戦登板に臨み、5回を4安打4奪三振無失点に抑える好投を見せた。常時140キロ台後半を記録。自己最速へあと2キロに迫る149キロも計測し「ストレートをしっかり投げ切れた」と手応えを得た。

 春の悔しさを晴らす。大阪桐蔭ではエースとして2017年にセンバツ優勝を経験するなど、実績十分で早大に入学。1年春からリーグ戦で登板し、3年秋までの通算防御率は1・59と安定感は抜群だった。しかし、今春リーグ戦では硬くなったマウンドに手こずり、防御率3・54。チームも5位と「いい春ではなかった」。この夏は、フォームを見直し、体の開きを修正。「春とは違って手応えを感じている」と自信をのぞかせた。

 この日は、4球団8人のスカウトが視察。阪神・平塚スカウトは「球種を持っててピッチングができるのが強み」。西武・潮崎編成グループディレクターは「春先に見た時よりもだいぶスピードが戻ってきていた。これくらい投げられれば、上位クラスの評価できる」とその復活ぶりに高評価が相次いだ。

 大学生活の集大成を示すシーズン開幕まで、あと8日と迫った。「まずはチームのために投げることを意識して、その中で評価してもらえたら。野球をシンプルに楽しみたい」。自分の将来よりも、まずは目の前の天皇杯を手にするため、懸命に右腕を振る。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請