NHK「バラエティー生活笑百科」が11日に笑福亭仁鶴さん追悼番組 冒頭の「四角い仁鶴がー」の声は継続へ

スポーツ報知
笑福亭仁鶴さん

 NHK大阪放送局は3日、骨髄異形成症候群のため84歳で死去した上方落語の重鎮・笑福亭仁鶴(しょうふくてい・にかく、本名・岡本武士=おかもと・たけし)さんの追悼特別番組を11日午後0時15分から全国放送することを発表した(再放送は17日午前11時5分から)。

 仁鶴さんが1986年から約30年間「相談室長」として司会を務めていた法律番組「バラエティー生活笑百科」(土曜・後0時15分)の11日放送回で、思い出の名場面を振り返るとともに、関わりの深かった出演者をインタビュー。さらに、新春の「初笑い東西寄席」「笑福亭仁鶴と訪ねる大阪の笑い100年」など特集番組の映像も交えて、功績と人柄をしのぶ。

 NHK大阪放送局の角英夫局長は「昭和、平成、令和にかけて、上方落語の発展のために先頭を走り続け、お客様と笑いを大切にする姿勢を貫かれた仁鶴さんの多大な貢献に敬意を表するとともにお悔やみ申し上げます」とコメントを発表。「バラエティー生活笑百科」では、仁鶴さんのこれまでの功績に敬意を表し、番組オープニングの「四角い仁鶴がまぁ~るくおさめまっせー」という仁鶴さんの声とイラストは引き続き放送するという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×