日テレ改編のテーマは「OFFからONへ、ONからFANへ」…改編率はゴールデン帯5・7%と小規模

スポーツ報知
東京・汐留の日本テレビ

 日本テレビの10月期の番組改編会見が2日、オンラインで行われた。

 「生活者ファースト」を軸に「より多くの人に、より良い番組を見てもらう」狙いのもと、テレビの価値最大化、可能性を広げる番組編成を目指した今回の改編。テレビを見ない人、見なくなってしまった人にもまずはテレビをつけて視聴してもらえることを目指し、「OFFからONへ、ONからFANへ」を改編テーマとした。

 「視聴者は当然、テレビを見てくれているだろうという前提から離れ、生活者の皆さんにテレビをつけ、日本テレビを選択いただく、さらにファンになっていただくという思いを込めた『OFFからONへ、ONからFANへ』というテーマです」と田中宏史編成部長は狙いを明かした。

 2020年度(2020年4月~2021年3月)も視聴率3冠王に輝いた同局の今回の改編率は全日(午前6時~午前0時)5・6%、ゴールデン(午後7時~10時)5・7%、プライム(午後7時~11時)18・6%と前回4月改編の全日9・5%、ゴールデン9・2%、プライム19・0%からは小規模なものとなった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請