戸田恵梨香&永野芽郁「ハコヅメ」第7話世帯視聴率11・8% 前回から0・7ポイント上昇

スポーツ報知
戸田恵梨香

 女優の戸田恵梨香と永野芽郁がダブル主演する日本テレビ系連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(水曜・午後10時)第7話が1日放送され、世帯平均視聴率が11・8%だったことが2日、分かった。

 初回11・3%で2ケタ発進。第2話は11・7%。第3話は10・8%。第4話は8・9%。特別編を2週挟んで放送再開となった第5話は12・5%で番組最高を更新した。第6話は11・1%。今回は0・7ポイント増だった。個人視聴率は6・8%。

 漫画週刊誌「モーニング」で連載中の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作で、戸田が演じる元エース刑事と、永野演じる天然の新人警察官のコンビの奮闘をコメディータッチで描く。

 戸田と永野は初共演。出演はほかに三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬、ムロツヨシら。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請