小澤征悦と桑子真帆アナが結婚…小澤「互いを思いやり、支え合い」父・征爾氏誕生日9月1日に婚姻届

スポーツ報知
小沢征悦と桑子アナウンサー

 俳優の小澤征悦(47)とNHKの桑子真帆アナウンサー(34)が1日に結婚したことが分かった。この日、都内の区役所に婚姻届を提出した。約2年の交際を実らせてのゴールイン。桑子アナは再婚となる。「9・1」は小澤の父で、世界的指揮者の小澤征爾氏の86回目の誕生日。敬愛する父の節目の日を新たな門出に選んだようだ。小澤はスポーツ報知に「互いを思いやり、支え合い、歩み寄って過ごせていけたら」とコメントを寄せた。

 ダンディーなモテ俳優とNHKの看板アナ。年内の結婚が秒読みとみられていたビッグカップルが、ついにウェディングベルを鳴らした。小澤はこの日、スポーツ報知にコメントを寄せ「本日、婚姻届を提出させて頂きました」と報告。「互いを思いやり、支え合い、歩み寄って過ごせていけたらと思っております。まだまだ未熟な二人ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します」と人生をともにする伴侶ができた喜びをつづった。

 2人は知人の紹介で19年秋から交際が始まり、約2年の愛を実らせてのゴールイン。もともと周囲には結婚を前提とした交際を公言しており、昨年のうちには互いの親族への紹介も済ませている。双方のスケジュールが落ち着くタイミングを探っており、日取りの相談などを進めていた。

 桑子アナは、8月8日に閉幕した東京五輪の中継番組や閉会式のキャスターを担当した。57年ぶりに自国開催となった夏季五輪の盛り上がりを伝える大役を務め上げた裏側には小澤の支えがあったとみられ、大きな仕事が一段落したことで、プライベートも前進。2人が婚姻届を提出した「9・1」は征悦の父・征爾氏のバースデーで、暦の上の吉日となる「一粒万倍日」も重なる良き日に、人生の大きな決断を下した。

 2人の交際は昨年4月に週刊誌報道で明らかに。徒歩15分圏内の近所に位置する、互いの自宅を車で行き来するオープンな交際を続けてきた。コロナ禍で行動に制限があるなかで、感染対策にも十分配慮しながら愛を育んできた。関係者によると、ともにテレビカメラの前に立つ仕事ではあるものの、役者とアナウンサーという職種の違いも理解し、互いに深く尊敬し合っているという。

 桑子アナは17年にフジテレビの谷岡慎一アナ(34)と結婚したが、翌年に離婚しており、今回が再婚。小澤は初婚となる。桑子アナは2日朝の「NHKニュース おはよう日本」に生出演予定。結婚後初仕事の発言に注目が集まりそうだ。

 ◆小澤 征悦(おざわ・ゆきよし)1974年6月6日、米サンフランシスコ生まれ。47歳。父は世界的指揮者の小澤征爾氏。5歳まで米国で育つ。95年に1年間、米ボストン大に留学。98年にNHK大河ドラマ「徳川慶喜」でデビューし、2002年の連続テレビ小説「さくら」でヒロインの相手役を務める。現在、日本テレビ系「スッキリ」の月曜コメンテーターを務める。

 ◆桑子 真帆(くわこ・まほ)1987年5月30日、神奈川県生まれ。34歳。東京外大卒業後、2010年にNHK入局。長野放送局、広島放送局を経て15年から東京アナウンス室に勤務し「ブラタモリ」のアシスタントを担当。現在は朝のニュース「おはよう日本」を担当する。17、18、20年にNHK紅白歌合戦の総合司会を務めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×