宮城野部屋の新十両・北青鵬が新型コロナ感染 横綱・白鵬ら同部屋力士の秋場所出場ピンチ

北青鵬
北青鵬

 日本相撲協会は1日、新十両・北青鵬(宮城野)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、この日に風邪症状を訴えたため検査をしたところ、陽性が確認されたという。

 同部屋には横綱・白鵬をはじめ、幕内・石浦、十両・炎鵬らが所属している。芝田山部長は「他の関取衆を含む幕下以下の若い者もみんな検査にまわっているが、明日(2日)の結果になる(出る)のではないか。横綱(白鵬)は(部屋に)行っているのか行っていないのかはわからないが、部屋に行っていればその中に入りますよね」と話した。

 秋場所(12日初日、東京・両国国技館)までは2週間を切っている。白鵬ら他の所属力士の出場に影響は避けられそうにない。芝田山部長は「本場所には間に合わない可能性もある。途中出場は状況によってあるかもしれないけれども、(もしも)他の者が順次感染していたら非常に厳しい状況になる可能性がある」との見通しを語った。ただ途中出場に関しても同部長は「部屋全体が間違いなく大丈夫ですよ、という(専門家の)先生からの確認が取れないことには、途中出場だって難しい。今の時点では、まずは部屋全体がどういう状況になっているかということと、症状がこれからどんな状況になっていくかということを見据えていかないといけない」との認識を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請