ラグビー・NTTドコモに移籍のNO8ナエアタ・ルイ「トップ4」目標に始動

スポーツ報知
新天地で初練習を行ったNTTドコモのNO8ナエアタ・ルイ

 来年1月に開幕するラグビーの新リーグ「リーグワン」に参加するNTTドコモレッドハリケーンズ大阪が1日、大阪市内で始動した。コベルコ神戸スティーラーズから移籍したNO8ナエアタ・ルイも練習に参加。チームを支えたニュージーランド代表SHのTJ・ペレナラや南アフリカ代表の万能バックス、マカゾレ・マピンピらが退団し、新戦力として期待されるナエアタは「トップ8から落ちないように、トップ4に行きたい」と目標を掲げた。

 18年から在籍したチームを離れ「神戸でやったことを他のチームでチャレンジしたかった」と新天地でのプレーを決意。5月のシーズン終了後も193センチ、約120キロの強靱(きょうじん)な肉体を維持してきた。

 この日がチームメートと初の本格的な顔合わせだったが、16年W杯代表センターのパエア・ミフィポセチなど、ナエアタと同じトンガ出身選手も在籍するため「トンガ人全員仲がいい」と和やかな雰囲気。神戸時代のチームメートだった元U20代表センターのトニシオ・バイフもドコモに加入し「いい仲間、いいチームで(練習)できている」と充実感を漂わせた。

 ナエアタは昨年7月に日本国籍を取得し、代表候補にも名を連ねた。初の代表入りに向けて「次は頑張ります」と気合十分。新リーグでは1部での参加が決まっている古巣との対戦も期待され、「神戸はいい選手もいて強いので、強い選手と戦いたい」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請