ドゥラメンテ天国へ 現役時代に管理した堀宣行調教師「言葉を尽くしても伝えられないほど深い悲しみ」

スポーツ報知
2015年の日本ダービーを制したドゥラメンテ

 2015年の皐月賞、日本ダービーを制し、現在は種牡馬として活躍しているドゥラメンテが、8月31日19時頃、急性大腸炎のため、死んだことがわかった。9月1日、JRAが発表した。現役時代に同馬を管理した堀宣行調教師=美浦=が急死した愛馬へ向けて、コメントを寄せた。

 ドゥラメンテは、父キングカメハメハ、母はアドマイヤグルーヴで、祖母にG1・2勝のエアグルーヴを持つ超良血馬で、現役時代は美浦・堀宣行厩舎に所属。ミルコ・デムーロ騎手とのコンビで皐月賞、日本ダービーを制した。4歳時にはドバイ・シーマクラシックに挑戦して2着となり、凱旋門賞の登録も済ませていたが、帰国初戦の宝塚記念2着に敗れた後、左前脚の球節下部および繋(つなぎ)の裏面の複数の靱帯(じんたい)、腱に内出血とそれに伴う炎症が判明。獣医師から競走能力喪失と診断され、現役を引退し、種牡馬入りした。通算成績は9戦5勝。

 2017年シーズンから種付けを開始して、多くの繁殖牝馬と交配された。主な産駒には、ファーストクロップで、今年の報知杯弥生賞ディープインパクト記念を制したタイトルホルダーなどがいる。

 堀宣行調教師「これまでも強い精神力で困難に打ち勝ってきた馬だけに、今回の事態も克服してくれるものと揺るぎない信頼を寄せていたのですが、突然の訃報に驚きました。いくら言葉を尽くしても伝えられないほど、深い悲しみのなかにいます。最高のサラブレッドの一頭であり、優秀な後継を残してほしいと願っていましたので、まだ9歳と若いのにもかかわらず、前途が絶たれたのが残念でなりません。ファンの皆様には暖かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請