大橋未歩アナがホテル療養終了で体験記す「今は殆ど匂いが分かりません」「若い患者さんが多いのが印象的」

スポーツ報知
大橋未歩アナウンサー

 新型コロナウイルスに感染し、ホテル療養を行っていた元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサーが31日、ホテル療養が終了したことを自身のインスタグラムで報告した。

 大橋アナは「土曜日の夜に陽性が確定し、日曜日には保健所から連絡があり、ホテル療養希望を聞かれ、希望したところ月曜には東京都から連絡があり、火曜日にはホテル療養施設に移ることが出来ていました」と説明した。

 療養生活については「ホテル療養施設は徹底隔離ですが、お弁当を取りに行くときだけ患者同士が顔を合わせます。学生さんの合宿に紛れ込んでしまったのかしらと思うほどに若い患者さんが多いのが印象的でした。ホテルではパルスオキシメーターが配布され、館内放送で酸素飽和度と体温を計測する時間を知らせてくれます。少しでも異変があると内線で看護師さんから電話があるのでとても安心でした。医療従事者の方々、ボランティアの方々、保健所や東京都の方々、改めて有難うございました」と記した。

 現状については「熱は4日目くらいに下がったのですがそれと同時に嗅覚が無くなり、今は殆ど匂いが分かりません」と明かし、「来週には5時に夢中に戻ることが出来るようにしっかり療養するとともに、引き続き感染対策に努めたいと思います」とつづっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請