藤井聡太二冠が棋界最高位・竜王に初挑戦 豊島将之竜王との「十九番勝負」に臨む

スポーツ報知
藤井聡太二冠(代表撮影)

 将棋の藤井聡太二冠(19)=王位、棋聖=が30日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第34期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局で永瀬拓矢王座(28)に先手で勝ち、2連勝で豊島将之竜王(31)=叡王=への挑戦権を獲得した。藤井二冠は棋界最高位・竜王に初めての挑戦となる。

 藤井二冠のデビュー直後から練習将棋のパートナーを務めている両者。相掛かりで始まった一局だったが、永瀬王座に誤算があったのか、昼食休憩明けから藤井二冠が大きくリードを奪い、一方的な展開のまま決着した。

 初めて竜王戦七番勝負に進出する藤井二冠は王位戦七番勝負、叡王戦五番勝負に続く豊島竜王とのタイトル戦となり、両者による極めて異例の「十九番勝負」の構図となった。

 既に棋聖、王位を連続防衛している藤井二冠には「年内四冠」の可能性がある。9月13日、豊島叡王との叡王戦五番勝負第5局に勝利すると史上最年少三冠を達成。10月8日に開幕する竜王戦七番勝負で豊島竜王に勝利すると、四冠にまで駆け上がる。さらに、進行中の棋王戦、王将戦を含めると「年度内六冠」の可能性も残している。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請