【広島】会沢翼が2か月半ぶり復帰戦で完封リレー導く「ウルっと鳥肌が立った」

スポーツ報知
9回2死二、三塁、代打・佐藤輝明(右)を三振に仕留めた広島バッテリーの捕手・会沢翼

◆JERAセ・リーグ 広島5―0阪神(29日・マツダスタジアム)

 左ふくらはぎの筋挫傷で離脱していた広島・会沢翼捕手が復帰した。「6番・捕手」で即スタメン。初回の第1打席で右中間二塁打を放つと、最後までマスクをかぶり、投手陣を完封リレーに導いた。3連勝中のチームに合流。「いい試合をしてくれていたので、いい流れで入ることができた」と連勝を4に伸ばし、「(先発の)床田がすごくいいピッチングをしてくれたので感謝。打撃は、もっといいところで打てるように練習していきたい」と汗をぬぐった。

 東京五輪の日本代表に内定していたが、メンバー発表前日の6月15日の西武戦(マツダ)で負傷。無念の出場辞退となった幻の金メダリストは「僕はすごく悔しい思いをしましたが、稲葉監督はじめ、みんなが金メダルを取ったことにすごく感動しました」と祝福し、2か月半ぶりの本拠地で次々と感謝を述べた。

 大きな拍手に迎えられて「ちょっとウルっとくるような、すごく鳥肌が立った。うれしかったし、やっぱり野球ファンあってのプロ野球だなと思いました」と感激。「トレーナーさんが僕のために一生懸命、治してくれようとしてくれたことにすごく感謝している」と気持ちを込めた。

 離脱中も「どういう試合をしているか、必ず見るようにしていた」とナインを気にかけ、シーズン中断期間のエキシビションマッチも全試合チェックした。首位と12・5ゲーム差の4位タイだが、チームリーダーとして「何が起こるか分からない。最後の最後まで諦めず、一丸となって」とチームを鼓舞した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×