馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

全体的に早めです(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は1か月半ぶりにやって来ました、小倉です。コロナ禍になって以降、隣の県の実家が非常に遠い場所になってしまいましたが、来年あたりは帰れればいいなと思いつつ、パッチパチといきますか♪

 さて、本日は夏の全国高校野球が準決勝です。春の雪辱を期待していた我が地元の明豊高校は、まさかの1回戦敗退(これは相手が強かった…)。コロナの陽性で去ることになった2校や、反撃ムードが土砂降りの雨で強制終了になった高校など、色々と思うところはありますが、今年も熱戦続き。我が家はもちろん、北海道でも、ここ小倉でもしっかりと見届けるつもりです! 当然、仕事が最優先ですが…。

 しかし、近畿勢がベスト4独占ですか。これはすごい。特に今(午前9時半です)、準決勝を戦っている近江の試合が面白い。大阪桐蔭戦、神戸国際大附戦は流れが二転三転する高校野球の面白さが詰まった試合。大阪桐蔭戦なんて、札幌から函館に移動する電車の中で、ネットにつないで見ていましたもんね。便利な世の中になったものです。とにかく、あと2日。さらなる熱戦を期待です。

 さて、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。まずは小倉5Rの新馬。G12勝馬の母を持つ中竹厩舎の【ティグル(牡、父ドゥラメンテ、母カワカミプリンセス)】が出走します。この馬、坂路での動きが追うごとに良くなっている感じがします。「動けるようになったね。まだ、どうかなという面もあるけど、気性は素直だし、距離はこのあたりでいいと思う」と中竹調教師は評価します。何度か書いていますが、この血統から大物が出てほしいと常々思っていますし、期待に応えてほしいところです。

 中竹厩舎といえば、今年は2歳勢の始動が例年より早い。中でも新潟メインの新潟2歳Sに出走する【オタルエバー(牡、父リオンディーズ)】は評判馬のそろっていた初戦の勝ちっぷりが本当に強かった。今週は金曜朝に中竹調教師に取材。「追い切った後に気合が乗ってきたね」と状態のよさを感じている様子でした。栗東は非常に暑い中での調整となりましたが、「馬房ではのんびりとしているというか、おとなしくて、オンとオフがしかりしている感じ」と心配なさそうです。素質馬相手に完勝したデビュー戦は強かったですし、ここも好戦必至でしょう。

 中竹厩舎といえば、ダッシャーゴーゴーなどの弟になる【ニャンチンノン(牡、父ヴィクトワールピサ、母ネガノ)】が来週の小倉芝1800メートルに出走します。あと、デビュー戦絡みで、先日オープン入りしたアスターマリンバの弟になる【アスターモノゴン(牡、父ディープブリランテ、母アスターヒューモア)】が中山開幕週、ダート1200メートルを福永Jで予定しています。「動きそうな感じだね。ダートの短距離という条件も合うと思う」と期待しているようでしたね。

 あとはデビュー戦から2、3着と惜敗が続いている【コンクパール(牝、父American Pharoah)】は来週4日の小倉ダート1700メートルに出走。砂上に矛先を向けます。鞍上は川田J。同じく2、2、4着と惜敗続きの【アランヴェリテ(牡、父キズナ)】も中京1週目のダート1800メートルへの出走を予定。こちらもダートでひと押しを加えたい構えです。最後に先週の札幌での新馬で2着だった【メイケイバートン(牡、父ミッキーアイル)】は来週の札幌芝2000メートルで初Vを狙う予定。ここは友道厩舎の【ジャスティンスカイ(牡、父キタサンブラック)】がルメールJで出走するレースですね。

 新潟2歳Sでは今年も数多くの素質馬に乗っている福永Jが関東馬の【クレイドル(牝、父クロフネ)】とコンビを組みます。「初戦はビシッとやっていなかったし、まだ動けない感じだったけど、その中で勝てたからね。今回、どれだけ良くなっているか」と楽しみにしています。重賞を狙えるぐらいの能力はあるとのことですし、うまく成長曲線とマッチするかどうか、ですね。

 ここからPOG情報。杉山晴厩舎では再来週、9月12日の中京芝2000メートルで兄にベルモントS勝ちのパレスマリスを持つ【ジャスティンパレス(牡、父ディープインパクト、母パレスルーマー)】がデビューします。鞍上はルメールJ。25日の坂路で53秒9―12秒0を出すなど、順調に調整は進んでいますね。「これからという面はありますが、走りはいいですよ。いい動きをしていると思います。思った通りに調整できています」と杉山晴調教師。昨年のセレクト1歳セールで1億9000万円がついた存在ですし、今後も要注目です。

 さらに、来週の小倉芝1800メートルを松山Jで予定しているのが【ガイアフォース(牝、父キタサンブラック、母ナターレ)】です。こちらも感触は悪くありません。「水準以上は動けていますね。新馬でまずは1800メートルから使いますが、後々は2000メートル以上なのかもしれません」と適性を冷静に分析。初戦から態勢は整っているような、動けそうな印象を受けました。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

札幌12R・4フアナ(復帰戦待ってました。十分に乗り込んでおり、小回り向きでもないし、ここは相手も強いが、上位の素質を先物買い)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

小倉2R・11ディーコンセンテス(持久力ある血統。前走も形になっていた)

小倉7R・7リアングロワール(今までは弱い体質と相談しながらの調整だったが、今回は違う)

小倉12R・4ロマネスク(「前走はいかにも休み明けだった」と佐藤助手。前進必至)

札幌11R・1ロードアクア(前走から一転、有利な内枠から器用に立ち回る)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請