柔道・北薗新光の欠場は「脳しんとうの可能性」選手村内で自動運転バスと接触で組織委が謝罪

スポーツ報知
選手が移動に使う村内バス

 東京五輪パラリンピック組織委員会は28日、柔道(視覚障害)男子81キロ級の北薗新光(アルケア)が、26日に選手村内で自動運行中の循環バスに接触し、試合を欠場した問題について会見。中村英正ゲームズデリバリーオフィサー(GDO)は「北薗選手や柔道関係者の皆様に心よりお見舞いとお詫びを申し上げたい」と頭を下げた。その一方で、組織委として事故の公式発表が27日の深夜となったことに、高谷正哲スポークスパーソン(SP)は26日の時点で事故発生は把握していたことを明かした上で「事実確認を調査し、発表する過程で、(事故直後は)北薗選手はチームの関係者からも『(出場予定の28日の)試合に集中したい』という声も受けた」と述べた。

 北薗選手は事故後、選手村内のポリクリニックで受診し、MRI検査なども行って異常は見られなかったが、27日に食欲不振など体調不良の症状が見られたため、チームドクターが「脳しんとうの可能性を考慮して1週間程度、練習を行わず、徐々に競技に復帰することを勧めるべき」と診断。同日夕方に欠場することになった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請