渋谷若者向けワクチン接種会場 予約なしOKのはずが午前7時半で“チケット”売り切れ

スポーツ報知
ワクチン接種の整理券を求め、長蛇の列を作る都民ら

 東京都は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種が事前予約なしで受けられる、若年層向けの接種会場を渋谷区・区立勤労福祉会館に開設した。午前1時前から並んだ徹夜組を含め、午前7時半には300人に到達し、受け付けを終了。現地を訪れていながら接種を受けられなかった人からは苦情が相次ぎ、28日からは、抽選制を導入することが決まった。

 若年層が予約なしで受けられる「渋谷ワクチン接種」が初日から混乱した。都は受け付け開始を午前11時50分と事前に案内。朝からの来場を控えるよう求めていたが、早朝から日傘をさすなどして暑さをしのぎながら順番を待つ長蛇の列ができた。午前4時時点で約15人、午前7時半には300人に到達。あまりの行列に、受付時間を約4時間前倒しする事態となった。

 午前8時から先着300人に整理券を配布。あっという間に“接種チケット”はなくなった。担当者は「平日ですし、若者は接種を回避する傾向もあるので、ここまでとは予想が出来ませんでした。今後は公平性を改善したい」と盛況ぶりに驚いていた。

 仕事終わりに、午前1時から並んだ品川区在住の30代男性は「音楽関係の仕事をしていて人と接する機会が多いので、早く接種できてよかった。眠気は達成感で飛びましたね」と満足した様子だった。

 一方、急きょ先着順となったことでワクチン接種を受けられなかった人々が続出。職員らは、苦情や質問対応に追われた。時には怒号が飛び交い、受けられなかった女性は「昨日、問い合わせた時も説明がアバウトだった。先着順なんて知らないし、びっくりしました」と不満を口にした。

 接種希望者が殺到した状況を踏まえ、小池百合子都知事(69)はこの日の定例会見で、28日からは抽選制とする意向を示した。現地を訪れていながら、接種を受けられなかった人々に対して「申し訳ない」とした上で「若い方々の2割弱はワクチン接種に否定的だというデータもあるが、これだけ多くの若い方々が会場に集まったということは、接種意欲は極めて高い」と主張した。

 ◆渋谷の若者用接種 対象は16歳から39歳まで。1日の接種人数は、当初200人を予定していたが、300人に変更。ワクチンは米・ファイザー社製を使用。都内在住か、都内に通勤・通学していることが条件で、接種券と身分証の提示が必要。接種は、休館日の毎週月曜日と9月12日、10月3日を除いて10月8日まで行われる。時間は正午から午後8時まで。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請