【DeNA】三浦大輔監督、京山将弥を絶賛「今まで見た中でも一番良かった」7回2安打無失点で2勝目

スポーツ報知
ナインを出迎える三浦大輔監督

◆JERAセ・リーグ ヤクルト0―4DeNA(27日・東京ドーム)

 DeNAは、投打がかみ合ってヤクルトを破った。投げては先発の京山が7回2安打無失点。8、9回を山崎、三嶋とつないで2安打0封リレーで強力ヤクルト打線を封じた。打っては7回に宮崎、ソト、牧の3者連続弾で3点を先制。8回には無安打で1点を追加した。

 京山は7回を投げて、5イニングが3者凡退。両軍無得点の6回には1死三塁のピンチを迎えたが、塩見を3球三振、青木を三飛に打ち取り、7回の3連弾につなげた。三浦監督は「今日が今まで見た中でも一番良かったんじゃないですかね。いい所に投げていたと思います」と絶賛。6回にピンチをしのいだ場面についても「若いバッテリー(京山―山本)が守りに入らず攻めていた。追い込んでも、慌てず焦らず打ち取ってくれたと思います」とたたえていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請