芥川・直木賞贈呈式 李琴峰さん「暴言やひぼう中傷」があったことを明かす

スポーツ報知
芥川・直木賞の贈呈式で登壇した李琴峰さん

 第165回芥川・直木賞の贈呈式が27日、都内で行われた。芥川賞を受賞した「貝に続く場所にて」(群像6月号)の石沢麻依さん、「彼岸花が咲く島」(文學界3月号)の李琴峰さん、直木賞を受賞した「テスカトリポカ」(KADOKAWA)の佐藤究さん、「星落ちて、なお」(文藝春秋)の澤田瞳子さんにそれぞれ、正賞の時計と副賞の賞金100万円が贈呈された。

 李さんは、受賞が報じられた後、「おびただしい数の暴言やひぼう中傷。ヘイトスピーチが私のところへ飛んできました」と明かした。「反日は出て行け」などの言葉があったという。

 贈呈式の壇上で李さんは、「言うまでもありませんが、自分が生まれ育った台湾、自分の意思で移り住んだ日本、どれも私にとって大事な場所です。私を育んできた日本と台湾の言語と文化。間違いなく私の文学の血肉となっています」と改めて述べた。

  石沢さんはドイツ在住のため、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、リモートで贈呈式に出席。受賞作でも描かれた「震災の記憶」に触れ、「10年前の震災は過去にはなっていないと改めて心から感じました」と話した。

 作家としての今後については、「この場所に立つことによって見えてきた険しい道。鮮やかでありながらも、困難に満ちている」としながらも、「私はその道を進むことを絶対にもう恐れたりしません」と決意を表した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請