【DeNA】5年目右腕の進藤拓也が今季初昇格「魂込めて」平田真吾が登録抹消

スポーツ報知
進藤拓也

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―DeNA(27日・東京ドーム)

 DeNA・進藤拓也投手が27日、今季初めて出場選手登録された。試合前練習ではキャッチボールや短距離ダッシュで調整した5年目右腕は、球団ツイッターで「魂込めて一球一球投げていきたいと思います」とコメントした。

 秋田・西仙北高から横浜商科大、JR東日本を経て16年のドラフト8位で加入。17年には12試合に登板したが、18年は1軍登板がなく、19、20年も5試合ずつの登板にとどまった。今季はここまで2軍生活が続き、イースタンでは23試合に登板して0勝0敗、防御率3・09。東京五輪期間中に行われたエキシビションマッチでは3試合に登板し、いずれも1イニングを投げて無失点だった。

 代わりに平田真吾投手が登録抹消。30試合に登板して2勝0敗3ホールド、防御率5・13だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請