TRANSYSの本間篤史助監督 都市対抗北海道地区1次予選へ「ガツガツやって北海道の野球盛り上げる」

TRANSYSの助監督を務める本間(右端)
TRANSYSの助監督を務める本間(右端)

 都市対抗野球(11月・東京D)の北海道地区1次予選が27日、開幕する。TRANSYS(トランシス)は28日にオール苫小牧と帯広倶楽部の勝者と対戦する。駒大苫小牧高時代に夏の甲子園で05年優勝、06年準優勝を経験した本間篤史外野手(33)はコーチ兼任から今年は助監督を兼任する。

 立場が変わり役割も増えた。平日練習は全員が集まれないため本間がLINEを使って各自にメニューを送る。木村尚大監督(48)は「ミーティングでは的確な指示もある。助かっています」。本間自身は7月末、仕事で右手人さし指を負傷したが打席に立ち長打を放つ活躍も見せている。同じ駒大苫小牧高出身で最速145キロ右腕・三谷祐介(23)の存在も頼もしい。本間は「クラブチームだからとか、練習量が少ないとか関係ない。気持ちの面でガツガツやって北海道の野球を盛り上げたい」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請