樋口新葉「ライオンキング」は「自分のすべてが入っているプログラム」

樋口新葉
樋口新葉

 フィギュアスケートのアイスショー「フレンズオンアイス」の公開リハーサルが26日、KOSE新横浜スケートセンターで行われた。樋口新葉(20)=明大=はショートプログラム(SP)「ユア・ソング」を演じた。女性ボーカルの曲に乗せて2回転半、3回転ルッツ、3回転フリップを跳び、ステップとスピンに気持ちを込めた。

 演目を「プリマベーラ」から変更し、11日のげんさんサマーカップで初披露していた。「どうしてもしっくりこないというか、自分の中でまだここで滑るものじゃないのかなと迷っている気持ちがあって、新しショートを作ってもらった。スケートを滑れることや楽しい気持ちを表現できるプログラムにしたしたくて『ユア・ソング』を選んだ」と語った。

 フリーの「ライオンキング」については「今までいろんなプログラムを滑ってきた。いろんなジャンルのプログラムが合わさって、自分のすべてが入っているプログラムにしたくて『ライオンキング』を選んだ。自分のスケート人生をすべて伝えられるプログラムにしたかった」と説明した。

 今季の最大目標は北京五輪。「集中して全日本までがんばって、悔いのないシーズンにしたい。五輪に出て自分の夢をかなえたい」と意気込みを語った。

 同アイスショーは27~29日まで。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×