タイブレークなのに延長16回でやっと決着、両軍計19投手含む47選手が出場 ドジャースが振り切る

スポーツ報知

◆米大リーグ パドレス3―5ドジャース(25日・サンディエゴ=ペトコパーク)

 25日(日本時間26日)、サンディエゴのペトコパークで行われたパドレス・ドジャース戦は延長16回、ドジャースが2点をあげて逃げ切った。試合時間は5時間49分。新型コロナウイルス感染拡大によって昨年から導入された延長戦、無死二塁からのタイブレークとなってからは最長記録となった。

 1―1で延長戦に突入、15回にともに2点ずつとりあい、16回表ドジャースがポロックの16号2ランで2点を挙げ、その裏を抑えた。

 パドレスは5番のところに途中から投手を入れたことで、ドジャースは3、4番を歩かせ計8度の申告敬遠(パドレスも3度)。野手が底をついたパドレスは投手を2度代打起用した。

 そのため、10人の投手を起用したドジャースは計23人、9人を注ぎ込んだパドレスは24人が出場した消耗戦だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×