横浜FM大勝、ついに川崎と1差…マスカット監督「攻撃サッカーを信じる気持ちを全員が強く持っている」

スポーツ報知
横浜FMのリーグ戦13戦無敗

◆明治安田生命J1リーグ第26節 鳥栖0―4横浜FМ(25日・駅スタ)

 劣勢の中にも、横浜FMには一撃を刺す強さがあった。前半は直近2戦連続5得点の勢いが影を潜めた。相手に複数回の決定機を与えたが、それでも同41分、古巣対決となったGK高丘の鋭い縦パスをつなぎ、最後は走り込んだ前田が左足で股抜きシュート。「優勝の力になりたい」と語る快足ストライカーが今季14得点目で流れを呼び「苦しんだ中で1点取れたのが大きかった」とうなずいた。後半6分にも前田は相手の退場を誘発し、PK獲得。レオセアラの追加点でチームは完全にアクセル全開となった。

 守備の要であるDFチアゴは負傷離脱中だが、この日26歳の誕生日を迎えた相棒のDF畠中は「試合の中で修正できた」とゼロ封を誇り、攻撃にも積極的に参加。数的有利も働いて「らしさ」を取り戻し、FW仲川の今季初ゴール含め、終わってみれば4発大勝で4連勝を飾った。

 「この攻撃サッカーを信じる気持ちを全員が強く持っている」と胸を張るマスカット監督(48)は選手らをたたえ、「止まってはいけない」と力強く中2日のホーム・鹿島戦に焦点を当てた。前田も「やることは変わらない」とキッパリ。リーグ戦13戦無敗でついに首位・川崎との勝ち点差は1。王者の背中にも、いよいよ手が届くところまできた。(小口 瑞乃)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請