三浦風雅、メジャーデビュー後初ライブで涙「みんなとならどこへでもいける」

スポーツ報知
メジャーデビュー後初のライブを開催した三浦風雅

 フジテレビ系連続ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜・9時、波瑠主演)の劇中歌「Start」でメジャーデビューを飾ったシンガー・ソングライターの三浦風雅(ふうが、25)が25日、東京・Zepp Hanedaでデビュー記念ライブを開催した。

 メジャーデビュー後、初ライブに三浦の気持ちはたかぶった。客席の左右にゆれる黄色のペンライトを見渡しながら、路上ライブで機材を蹴られた経験やコロナ禍でメジャーデビューが一度白紙になったことなど様々な苦労を振り返り、涙。「1人でダメだったけど、みんなとならどこへでもいける」「やっとスタートラインに立てた」と、言葉を詰まらせながら語り、東京ドームに立つ夢を明かした。

 高校卒業時に歌ったRake「100万回の『I love you』」の歌唱動画がSNSで広まり、音楽の道を進むことを決意した。路上ライブで経験を積み、20年にソニーミュージック主催のオーディションでグランプリを獲得した実力派だ。オープニング映像として「100万回―」の当時の歌唱動画が流れると「涙が出そう」と感無量な様子。「Start」、「100万回―」など全8曲を持ち前の伸びやかな声で歌いきり、500人を魅了した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×