高校生クイズ9月10日放送…初メインサポーター日向坂46・佐々木久美らがエール

スポーツ報知
高校生クイズで初のメインサポーターを務める日向坂46の(左から)佐々木久美、上村ひなの、金村美玖

 日本テレビ系「第41回 全国高等学校クイズ選手権」の放送日が9月10日(午後9時)に決定。初のメインサポーターを務める日向坂46のメンバー3人がスポーツ報知の取材に応じ、全国の頂点を目指す高校生にエールを送った。

 夏の高校生クイズが帰ってくる。昨年は新型コロナの影響で11月開催になったが、41回目となる今年は2年ぶりに夏開催が復活。過去5年間担当した“先輩”の乃木坂46から日向坂46がメインサポーターを引き継いだ。キャプテンの佐々木久美(25)は「ずっと以前から見ていて。全然解けないんですけど、一緒に考えるのが楽しくて。勝手に思い入れのある大会で、まさに夏の風物詩ですね」と笑った。

 7月に行われた全国一斉スマホ予選にも参加し、限定生配信ライブでは番組応援ソングの「何度でも何度でも」を初披露。同曲で初センターを務めた上村ひなの(17)は「私も現役高校生なので、等身大の目線で応援できたと思います。高校生クイズはチームワークや絆も大切になると思いますので、『もっとマイペースでいいんだ、もっと落ち着いていていいんだ』といった歌詞なので、皆さんにも届けられるように」。金村美玖(18)は「歌詞もクイズにかかっていたりして。高校生クイズっぽいなと思う反面、難しい問題に挑む姿も格好良くて」と振り返った。

 今年のテーマは、「ソウゾウ脳」。47都道府県の代表校に、特別枠3校を加えた全国50校が、想像×創造する力が問われるクイズに挑む。

 佐々木は最年長ならではのエールを送った。「私が高校生だったのは少し昔なんですけどね」と苦笑いしつつ、「取り返したくても取り返せない高校3年間。高校生の時に体験した出来事や日常は、本当に楽しかった。青春だったなと今でも思い出すので、無駄にしないでほしい。だって、青春は一度しかないんだから」。(田中 雄己)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請