二宮和也2年ぶり主演映画のビジュアル解禁…妻に捨てられゲーム三昧のダメ男役

スポーツ報知
2年ぶりの主演映画「TANG タング」でダメ男を演じる二宮和也

 嵐の二宮和也(38)が2年ぶりに主演する映画「TANG タング」(22年夏公開、三木孝浩監督)のビジュアルが初公開された。

 2016年にベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選出された英小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」が原作で、ゲーム三昧で妻に捨てられた無職のダメ男・健(二宮)と、記憶をなくした不良品ロボット「タング」のポンコツコンビの物語。今回解禁されたビジュアルの二宮は、ダメ男らしく左右違う靴下に寝癖頭。その隣にはタングが愛らしく寄り添う。

 ロボットに命を吹き込んだのは、映画「STAND BY ME ドラえもん」などを手掛けたVFXプロダクション「白組」。ロボットからもどこか温かみを感じる仕上がりとなり、原作者のデボラ・インストールさんも「なんてかわいいの! 本当に気に入りました」と歓喜。「色のついたタング、とても面白いです。思わずタングをハグしたくなります。健も全てが完璧です。洋服や不ぞろいなスリッパや靴下はもちろん、二宮さんの表情や姿勢など、健を見事に演じてくれることをさらに確信しました」とコメントを寄せた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請