【DeNA】浜口遥大 5回途中6失点で降板 2週連続で阪神に勝てず…

スポーツ報知
3回2死二、三塁、打者・ロハスの時にDeNA・浜口遥大(右)が暴投で1点を失い肩を落とす

◆「JERAセ・リーグ公式戦」阪神―DeNA(24日・京セラD)

 DeNAの浜口遥大投手が2週連続で阪神戦に先発したが、またしても白星はならなかった。

 前回17日(東京D)は6回途中3失点も黒星。雪辱を期してマウンドに上がったが、5回途中5点目を奪われ、無死二塁と走者を残し降板した。2番手の桜井が続く、大山に右中間に2ランを浴びたため、浜口は7安打6失点となった。

 浜口は2回、2死一塁で木浪に左中間へ適時二塁打を許し先取点を奪われると、3回には近本に右中間へソロを被弾。その後。暴投で3点目を失った。

 5回、先頭から連打で一、二塁とし、サンズに左中間を破られる2点適時二塁打。三浦監督から交代を告げられた。

 前回は阪神・佐藤輝に2発を浴びた。この日は2打数無安打とリベンジしたが、その他の打者に痛打された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請