太平洋ヨット往復達成の辛坊治郎さんが冠ラジオに喜びの電話生出演「リハビリでニッポン放送の会議室を貸して」

スポーツ報知
日米間の太平洋ヨット単独横断往復を終え、大阪・淡輪ヨットハーバーに到着した辛坊治郎さん(24日=ニッポン放送提供)

 24日午前に大阪に寄港し、日米の太平洋ヨット単独往復横断を達成したニュースキャスター・辛坊治郎さんが、冠番組のニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」(月~木曜・後3時30分)に電話で生出演。「とりあえず生きて帰ってきました」と、リスナーに報告した。

 約4か月半ぶりの帰国。「たまたま偶然、運が良かっただけ。今回(復路で)一番怖かったのは自分。毎日毎日むっちゃいい天気で、暑いんで、海に飛び込みたくなる。寝ぼけてたら人間、何するかわからないんでしょ? だから夜、寝る時が一番怖いんですよ」と“自分との闘い”を強調した。前日は一睡もしていないそうだが、無事に帰国を果たし「昼間から酒盛り」と祝い酒を楽しんだという。

 今後の仕事については「人生残り、あと10年ぐらいしかないかもしれないと考えた時に、講演でお金を稼いでも…」と時間がかかる講演活動には消極的な姿勢だったが、ラジオ復帰は「世の中の時事問題に全く接触しないままラジオもできません。リハビリで、新聞を読まなきゃいけないので、ニッポン放送の会議室を貸してください」とリクエストしつつ、「ラジオはやっぱり、聴いてくださる方が喜んでくださるならば」と意欲を語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×