【新潟2歳S】サイードは重賞5勝ベルカントの半弟 陣営「マイルで直線の長い舞台は合う」

スポーツ報知
舞台替わりが合うサイード

 第41回新潟2歳ステークス・G3(8月29日、新潟競馬場・芝1600メートル)に出走予定のサイード(牡2歳、栗東・角田晃一厩舎、父キズナ)は、最終追い切り前日の8月25日、栗東の坂路をスムーズな脚さばきで65秒8の緩いラップで駆け上がった。

 小倉の芝1200メートル(7月10日)で新馬勝ちをしたが、直線の長い新潟の外回りのマイルに舞台が替わる。高野助手は「初戦は上手な競馬をしてくれました。ストライドが大きくて、折り合いがつくのでマイルで直線の長い舞台は合うと思います」と分析していた。

 半姉のベルカント(父サクラバクシンオー)は2014年の報知杯フィリーズレビューなど重賞5勝。半姉のイベリス(父ロードカナロア)はマイルの2019年のアーリントンSなど重賞を2勝している。姉と同じ角田厩舎に所属の血統馬が、デビュー2連勝で重賞初勝利となるか。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×