【甲子園】ドラフト候補の大阪桐蔭・松浦慶斗がプロ志望を表明「ずっとプロ一筋だった」

スポーツ報知
プロ志望を表明した大阪桐蔭・松浦慶斗

◆第103回全国高校野球選手権大会第10日 ▽2回戦 近江6―4大阪桐蔭(23日・甲子園)

 優勝候補の大阪桐蔭が近江(滋賀)に2回まで4―0とリードしながら逆転負けした。今秋ドラフト候補の最速150キロ左腕・松浦慶斗(3年)は試合後、プロ志望届を提出することを明かした。「(大阪)桐蔭に入る前からプロに行きたいという気持ちがあった。センバツが終わった後に『俺、行けるんかな』と思って、どうしようかと思ったこともあったんですけど、そこから切り替えた。プロ一筋だったので、今大会で気持ちが変わるとかはないです」と率直な思いを漏らした。

 東海大菅生(西東京)との1回戦は7回4失点の粘投。8回表1死一、二塁での降雨コールド勝ちに貢献した。この試合はブルペンで準備をしていたものの、登板機会がなく敗退した。「本当に終わったのかな、という気分。終わりという感じになっていない自分がいて、明日から普通に練習がある感じ。まだ負けた実感はないです」とぼう然。「頭の中が真っ白で、何を考えていたのか自分でも覚えていなくて、相手が校歌を歌っている時にスコボードを見て『俺、何してるんやろうな?』って思って涙が出てきました。いろんな強いチームが負けて何があるか分からない大会が甲子園だと思った」と号泣した。

 186センチの大型左腕は「ほかの選手より結果を出していなくて不安はあるんですけど、ここから練習してプロに行きたいと思っています」と、レベルアップに励みながら10月11日のドラフト会議での指名を待つ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×