【甲子園】近江が優勝候補の大阪桐蔭に逆転勝ち 多賀章仁監督「勝ちに不思議の勝ちあり」

スポーツ報知
逆転勝ちを喜ぶ近江ナイン

◆第103回全国高校野球選手権大会第10日 ▽2回戦 近江6―4大阪桐蔭(23日・甲子園)

 近江(滋賀)が優勝候補の大阪桐蔭に0-4から逆転勝ちし、8強入りした2018年以来の16強進出を果たした。多賀章仁監督は「こんな勝利はもう、後にも先にも初めて。『勝ちに不思議の勝ちあり』という言葉を改めてかみ締めています」と喜びに浸った。

 途中出場の山口蓮太朗三塁手(3年)が大仕事を果たした。同点の8回2死満塁から「後悔なく全力で振ろう」と勝ち越しの右越え2点二塁打。「信じられなくて、鳥肌が立っていました」と塁上で何度もガッツポーズをつくった。1回戦に続いてスタメンを外れ、5回に代打で出場。「2回戦はどうしても出たかった。準備はしていたので、その気持ちが打席で出た」と力を込めていた。

 3回から5回まで1点ずつを加え、大阪桐蔭に詰め寄った。4回に右翼へ高校通算31号となるソロを放った新野翔大一塁手(3年)が、7回2死二塁から右翼へ適時打を放ち、同点に追いついた。

 必勝リレーも粘った。先発の山田陽翔投手(2年)は2回までに4失点。しかし、3回以降は内角を有効に使う配球に切り替えて修正し、無失点に抑えた。7回からは岩佐直哉投手(3年)に「あとはお願いします」と声をかけて交代。「任せろ」とバトンを受け取った岩佐は、強力打線を1安打に封じた。

 次戦は盛岡大付(岩手)と対戦する。「甲子園に育ててもらっていますし、勝てたことは大きな自信になる」と多賀監督が話せば、「次も必勝リレーで勝ちたい」と山田。強敵を倒した自信を胸に、2001年の準優勝を超える初優勝を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×