堀内恒夫氏、巨人・中田翔の一発でムード一変 加入大きい 

スポーツ報知
7回1死二塁、中田翔が巨人移籍後初安打となる左越え2ラン本塁打

◆JERAセ・リーグ 巨人4―4DeNA(22日・東京ドーム)

 巨人・中田翔が移籍後初アーチを放った。DeNA戦に「5番・一塁」で初先発すると、3点を追う7回に左翼席上段へ特大の2ラン。続くウィーラーには同点弾が飛び出し、劣勢を押し返してドローに持ち込んだ。元巨人監督のスポーツ報知評論家・堀内恒夫氏が解説した。

 ※  ※  ※  ※

 真ん中やや内寄りの低めのストレート。2打席とも内角でやられていた中田にすれば、狙い打ちだったのではないか。彼にとって、ここが“ツボ”なのだろう。タイミングがピタリと合った。

 苦しめられてきた今永から打った一発は試合のムードを一変させ、チームを勇気づけた。相手の失投を1球で仕留め、その一打が勝敗に直結する。一発を打てる打者は、だから怖い。加入が戦力的に大きいのは言うまでもない。

 流れを変えたものがもう1つあるなら、同点にする直前の守りを4球で抑えた中川だ。クリーンアップ3人を詰まらせた球には力があった。中川の復帰で、デラロサ、ビエイラを含めた終盤の3イニングが安定する。先発投手陣には頼もしい限りだろう。

 そこで、高橋だ。6回途中で降板するまで5安打、4四球。9人の打者を塁に出したことになる。これでは勝てない。抑える球種がない投手にとって、先頭打者や安打を打たれた後に与えた四球は致命傷になる。今年の前半はストレートでアウトを取れることで生き返ったのに、勝ち始めた余裕なのか、欲が出てきたのか、今はスクリューボールに頼る昨年までの手先の投球に戻っている。もう一度原点に返るべきだ。(スポーツ報知評論家・堀内恒夫)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請