【甲子園】大阪桐蔭・西谷浩一監督 2回戦こそ「校歌を歌いたい」 初戦は降雨コールドで歌えず

スポーツ報知
大阪桐蔭・西谷浩一監督

 大阪桐蔭の西谷浩一監督が22日までに代表取材に応じ、近江(滋賀)との2回戦へ向けて、「1回戦は勝ったが雨で校歌を歌うことができなかった。しっかり勝って、全国にいるOBや応援して下さる方にむけて、みんなで校歌を歌いたい」と意気込みを語った。

 1回戦では、東海大菅生(西東京)を3本塁打などで圧倒。徐々に雨が激しくなり、3点リードの8回1死一、二塁で中断。そのまま試合が終了し、7―4で降雨コールド勝ちを収めた。

 主将の池田陵真外野手(3年)に「打つとか打たないとかは別として、池田に先頭を切ってやってもらいたい。それがうちのスタイル」と期待を寄せた。

 近江については「ベテランの多賀(章仁)監督がしっかりと夏に照準合わせて仕上げてきて、さすが」と警戒した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請