【DeNA】今永昇太3発被弾で4勝目ならず「あの1球はもったいなかった」…中田翔の一発悔やむ

スポーツ報知
1回2死、丸佳浩(手前)に右越えソロ本塁打を浴びた今永昇太

 ◆JERAセ・リーグ 巨人4―4DeNA(22日・東京ドーム)

 DeNA・今永昇太投手が、快投を見せながらも踏ん張りきれずに4勝目を逃した。チームも引き分けに終わり、18年以来3年ぶりとなる東京Dでの3連戦3連勝を逃した。

 初回に丸にソロを被弾したが、2回からは本来の投球を見せた。味方打線が4回にソトの2ランなどで逆転すると、今永も2~6回の5イニングは1安打無失点。二塁にすら走者を進めない力強い投球で、巨人打線を封じた。

 だが、3点リードの7回に踏ん張りきれなかった。1死から岡本和に右中間への二塁打を許すと、続く中田翔に左翼へ特大の2ランを被弾。1点差に迫られると、続くウィーラーにもソロを浴びて追いつかれた。まさかの2者連続被弾。7回112球で毎回の9三振を奪いながら3発に泣いて5安打4失点で降板した。

 今季は10試合で12発を浴びている今永は「前回登板よりストレートの走りは良かったです。(初回に)丸選手に本塁打を打たれた後は、上手く切り替えて大胆に投球することができました。中田選手には序盤からストレートで攻めていたのでアジャストしてくるかもしれないと頭の中にはあったのですが、失投ではなかったのですがあの一球はもったいなかったです」と振り返った。

 三浦大輔監督は「本当に非常によかったと思う。ボールの走りも、チェンジアップの抜けもよくて、非常にいいピッチングをしてくれたと思います」とエースをねぎらっていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請