明石家さんま、蛍原徹に謝罪していた「本当に迷惑かけた」…宮迫博之との“復帰漫才”プラン打診も

スポーツ報知
明石家さんま

 お笑いタレントの明石家さんまが21日、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜・後10時)で漫才コンビ「雨上がり決死隊」の解散に関連し、「蛍ちゃんにはすまんかった、本当に迷惑かけたと謝りました」と語った。

 さんまは昨年9月に公演予定され新型コロナ禍で中止となった自身の舞台で、復活のために宮迫博之と蛍原徹で“復帰漫才”をしてもらいたいと考えたことを明かした。「『宮迫と蛍ちゃんで漫才してほしい』と蛍ちゃんに言っていたんですよ。5分だけでいいからと軽くお願いしていたんですよ」と明かした。

 ところが翌週に蛍原に会うと「げっそり痩せてて。そのときは何も言わなかったんですけれど、後々考えると(コンビを)やめたい、蛍ちゃんは今はやりたくないと思っているのに、俺が、(宮迫の)フォローをした人がお願いするって言って、どうしようと悩んだ」からだったことを知った。

 さんまはコンビ解散について「4月くらいには聞いていたんですよ」と告白した上で「俺が一番迷惑かけているねん。蛍ちゃんの気持ちを簡単に考えすぎて、あっこまで深刻に悩んでいるとは夢にも思わなくて。4月くらいに宮迫から(解散の)連絡があって。『蛍ちゃんとコンビをカムバックしたほうがええぞ』と言ったけど、(宮迫は)『蛍原の性格はよく分かっています。蛍原はこの考えは改めません』とって言っていたから。一番分かっているもん同士やねんな」と語り「蛍ちゃんにはすまんかった、本当に迷惑かけたと謝りました」と話していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請