【DeNA】柴田竜拓が打席途中の投手交代に「初めての経験」も勝ち越し犠飛 ダメ押し弾など攻守で躍動

スポーツ報知
8回2死、右越えに今季2号ソロを放つ柴田竜拓

◆JERAセ・リーグ 巨人2―7DeNA(21日・東京ドーム)

 DeNAが同点の7回に打者一巡6安打5得点の猛攻を見せて勝ち越し、3連勝とした。

 原監督の揺さぶりにも柴田は惑わされなかった。同点の7回1死二、三塁。柴田が戸郷に2球連続空振りで追い込まれると巨人ベンチは動いた。打席の途中に投手を左腕・大江にスイッチ。柴田は「僕も初めての経験だったのでとにかく前に飛ばすことだけ考えて三振しないことだけ考えて打席に立ちました」。大江の1球目にしっかり反応。飛距離十分の中犠飛で勝ち越し点をたたき出した。

 さらに5点リードの8回にはダメ押しの2号ソロ。167センチ、68キロの体ながら田中豊の直球を右翼席に運び「まっすぐに振りまけないようにしっかり対応しようと思って打ちました」と納得だった。得意の守備でも3回先頭の吉川の一、二塁間への当たりを好捕。同点の6回1死満塁のピンチではウィーラーの当たりが平田にあたって打球方向が変わる中、冷静に捕球して併殺を完成させてピンチを切り抜けた。攻守で存在感は抜群だった。

 定位置奪取を狙う二遊間にはベテラン・大和、成長著しい牧、森らがひしめく激戦。三浦監督も「みんないい準備をしてくれている」とうれしい悲鳴を上げているほどだが、柴田はヒーローインタビューで「(森、牧らは)すごい勢いがあるので、負けないようにお互いが成長して、チームも成長していければいいかなと思います」とさらりと言い放っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請