【DeNA】2年目の森敬斗がプロ初三塁打 同点打となり「うれしいです」

スポーツ報知
5回1死一塁、左中間に同点適時三塁打を放ち、三塁に滑り込む森敬斗

◆「JERAセ・リーグ公式戦」巨人―DeNA(20日・東京D)

 DeNAの森敬斗内野手がプロ初の三塁打をマークした。

 「2番遊撃」で、4戦連続スタメン起用されると、1点を追う5回1死一塁。第3打席に、山口の初球のフォークを左中間へ運ぶと、俊足を飛ばし三塁まで到達した。

 貴重な同点打となり、「来たボールに対して素直に打ち返すことができました。走者が一塁にいたので、とにかく後ろにつなぐ気持ちが良い結果になりうれしいです」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請