【巨人】原辰徳監督が中田獲得について思いを激白「過去、現在、未来を共有する覚悟でもう一度チャンスを与えるべき」

スポーツ報知
背番号10を披露する中田翔(右)と原辰徳監督(カメラ・中島 傑)

 巨人・原辰徳監督(63)が20日、スポーツ報知の取材に応じ、日本ハムからトレードで獲得した中田翔内野手(32)について思いと獲得のいきさつを語った。

 ことの発端は16日の夜に、日本ハム・栗山監督から電話が入ったことだった。

 「彼と僕とは野球人としてだけでなく、人間として信頼関係があると思っていて、その栗山監督から相談を受けました。そのいきさつ等々はここで語る必要はないでしょう」

 詳細は伏せたが、中田の再起を願う栗山監督の親心を強く受け止めたという。

 それを受け、原監督は球団首脳に相談。中田本人の落胆と謝意は推して知るべしであり、セカンドチャンスを与えるべきだと進言した。

 「まだ32歳、才能ある野球人である。過去、現在、未来全てを共有する覚悟で、ジャイアンツとしてはもう一度チャンスを与えるべきだと私自身も思いました。彼はまだ表に出ていないので、自身の過ちにおいてしっかりと謝罪するところから始めよう」

 事前に、チームのキャプテンである坂本だけには、同様に「彼の過去、現在、未来を共有したいと思っている」と伝えた。主将はこれまで通りチームをまとめる役を買って出てくれたという。

 「(中田は)年齢的には彼(坂本)の1つ下であり、菅野、丸、小林らと同級生であるなど、チームの中心選手と同世代であることは私にとって好材料ではあった。『わかりました。そのようにやります』と言ってくれました」

 ただ「巨人軍は紳士たれ」と球団訓にあるチームだ。当然、ファンの受け止め方が様々であろうことは原監督も想像している。ただ、再出発を切るその後の行動で恩返ししていくしかないこともまた事実だ。

 「道を閉ざすことはしてはいけない。過ちを反省して、その後の行動で信頼を勝ち取ってもらうしかない。そこでもし仮に繰り返すようなことがあるならば、そこは私が断を下します」

 中田が今回、起こした愚行はチームの輪を乱すことであることは言わずもがなである。その上で巨人が、原監督が再起のために手を差し伸べた。その思いを裏切らぬよう、今度は中田が野球に集中し、持てる力を発揮する番だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請