テレ朝・山本雪乃アナ、長嶋一茂からたしなめられる「俺がしゃべっていたんで入ってきて欲しくなかった」

スポーツ報知
テレビ朝日

 テレビ朝日の山本雪乃アナウンサーが20日、同局系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。

 番組では、東京五輪の陸上男子110メートル障害で、ハンスル・パーチメント選手の金メダル獲得をアシストしたとして、大会スタッフのストイコビッチ河島ティヤナさんへの感謝イベントが19日、東京都港区のジャマイカ大使館で催されたことを報じた。

 パーチメント選手は準決勝の実施された4日、誤ったバスに乗って間違った会場に到着。ストイコビッチ河島さんから渡されたお金でタクシーに乗車して国立競技場に向かい決勝進出を決めた。イベントでは、パーチメント選手がビデオメッセージで改めて感謝を伝えた。ストイコビッチ河島さんは「夢なのかなって…」と口にし、胸がいっぱいの様子だった。

 コメンテーターでタレントの長嶋一茂は「いい話ですね」と感動し「彼女とバーチメント選手が出会わなかったら金、とってなかったと思うし。でも、他のボランティアの方もいたと思うんで、他のボランティアの方も同じようなことを日本人だったらしてたと思ってますし」とコメントすると、山本アナが「あっ…まさに今、私、オリンピックの取材に行っているんですけど、ビックリするぐらいのおもてなしなんですよ。ちょっと困っていたらすぐに声をかけてくれるスタッフの方がたくさんいらっしゃいます」と話した。

 これに一茂は「今、山本、俺がしゃべっていたんで入ってきて欲しくなかったんだけど」とたしなめると、山本アナは「ちょっと、それはごめんなさい。すみませんでした。ごめんなさい」と謝った。司会の羽鳥慎一アナも「ビックリするほどの割り込みでした」と突っ込み「ごめんなさい」と繰り返し謝罪した。

 これに一茂は「そのカットインはいいんだけど、でも、ごめん、もうしゃべることないわ。心が満たされているんで、満たされるとしゃべりたくなくなるんで」と応じ、山本アナは「ありがとうございました」と返していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請