玉川徹氏、パラリンピックに小中高生観戦方針の小池都知事へ「子どもをダシに使わないで」

スポーツ報知
テレビ朝日

 テレビ朝日の玉川徹氏が20日、コメンテーターを務める同局系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にリモート生出演した。

 番組では、東京都の小池百合子知事が無観客開催となった東京パラリンピック大会で都内の小中高生ら最大約13万2000人が観戦する「学校連携観戦プログラム」を巡り、東京都教育委員会の委員の多くが「やるべきではない」などと意見するなど賛否両論が起きていることを伝えた。

 小池氏は19日に「より安心、安全な形にできるような準備を進めてまいります」と述べ、実施する方針を変えなかったが、政府分会会の尾身茂会長は、国会で懸念を示した。

 玉川氏は、小池氏が掲げる「観戦プログラム」に、デルタ株の流行で子どもにも感染リスクが大きいことを指摘した上で「小池さんがちょっとずれているんじゃないか、と。ご本人が、災害級の状況だって自分でおっしゃっているんですよね?その時になぜかオリンピック、パラリンピックになると、そこだけは別っていうふうになってしまうのがどうしても理解できない」と疑問を投げかけた。

 さらに「それと小池さんもそうだし、菅さんもそうですけれど、子ども達に見せてあげたいっておっしゃるんだけど、僕は、ある種、自らの政治的な目的の達成のために子どもをダシに使わないで欲しいと思うんです。違うでしょ。専門家の言っていることが耳に届いてないんですか?僕はそう言いたい」と断じていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請