【甲子園】高松商打線、ブラバンの奏でる魔曲「プリティ・フライ」でエンジン全開

スポーツ報知
3回1死一、二塁、高松商・安藤康城は追加点となる左前適時打を放つ(カメラ・義村 治子)

◆第103回全国高校野球選手権大会第6日 ▽2回戦 作新学院―高松商(19日・甲子園)

 高松商(香川)が作新学院(栃木)を相手に6回を終えて6-3と試合を優位に進めている。

 打線を後押しするのは同校のブラバンが奏でるオフスプリングのパンクロックナンバー「プリティ・フライ」だ。98年にリリースされた大ヒットアルバム「アメリカーナ」に収録され、日本でも人気を集めた。

 3回、5回ともにこのチャンステーマに合わせて打線がつながり、それぞれ3点ずつ効果的に加点した。ネット上でも「プリティフライ発動!!!!!」「魔曲炸裂」「ほんまに魔曲」といった高校野球ファンからの投稿が寄せられている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×