村井美樹が「社会教育士応援大使」に就任 コロナ禍に懸念「人間同士のつながり希薄に」

萩生田光一文科相から社会教育士応援大使に任命された村井美樹
萩生田光一文科相から社会教育士応援大使に任命された村井美樹

 女優でタレントの村井美樹が19日、東京・霞が関の文科省で「社会教育士応援大使」に任命された。昨年度から始まった社会教育士制度は、学びを通じて地域社会を豊かにすることを狙いとしている。

 村井は早大卒の高学歴タレントとして活躍する一方、大学時代には教育学部で社会教育主事養成課程を修了していることから白羽の矢が立った。この日、任命証を渡した萩生田光一文科相(57)も「タレント活動を通じて学び続けているのが強み。現場を知っている」と太鼓判を押した。

 村井は現在のコロナ禍に触れ「人間同士のつながりを作らなければいけないのに、より希薄になっている。人と会えないもどかしさは芸能も仕事をしても感じている」と警鐘を鳴らした。「公民館や図書館でやっている面白い試みを取材して、動画配信するなど、社会教育を身近に感じて頂きたい」と抱負を語った。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×