医師の西川史子、右脳内出血で手術 術後は日常会話も食事も可能

スポーツ報知
西川史子

 医師でタレントの西川史子が19日、右脳内出血で今月17日に手術を受けたと、所属事務所を通じて発表した。手術は成功し、翌日からは自ら食事をしたりメールを打つなどしており、会話もできているという。

 所属事務所によると、西川は17日午前9時に出勤するはずが、午前10時ごろになっても連絡が取れず、不審に思った勤務先の病院からマネジャーに連絡があったという。正午に警察の立ち会いのもと、マンションの部屋に入室。マネジャーがリビングに倒れている西川を発見した。意識はあり、会話もできていたという。西川によると「朝、入浴後に異変を感じ、倒れてしまった」と話している。

 マネジャーが救急車を呼び、都内病院に搬送。右脳内出血と診断され、午後3時30分から5時間に及ぶ緊急手術を受け、手術は成功。翌日には自ら食事をとったり、メールを打ったりしており、会話も普通で、今は仕事や愛犬の心配をしているという。

 病院からは3週間程度の入院が必要とされている。所属事務所は「しばらくの間、多くの方にご迷惑をおかけすることを本人に代わり、おわび申し上げるとともに、皆様におかれましては、今後も西川史子を温かくお見守りくださるようよろしくお願い申し上げます」とした。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×