声優・田中音緒、父・田中ケロ氏がコロナ重症化で心境明かす「帰ってきたら夜ご飯一緒に食べようね」

スポーツ報知
田中ケロ氏

 プロレス、格闘技大会の名物リングアナウンサーの田中ケロ氏(62)が新型コロナウイルスに感染し、入院していることが19日、分かった。

 所属事務所によると、7月31日に、コロナ陽性判定を受け、保健所の指導の下、自宅療養していたが今月8日に症状が悪化し入院した。現在は集中治療室で投薬により眠っている状態という。

 ケロ氏の娘で声優の田中音緒が自身のツイッターを更新し、経緯と現状を報告した。全文は以下の通り。

 * * *

 「8/8に保健所から連絡が取れないとのご連絡をいただき、自宅に向かったところ意識がない父を見つけました。

 私自身、後悔や不安で心を正常に保つことが難しく、仕事に行くこともままならずお休みさせていただいたものや、突発的に泣いてしまったりパニックになり過呼吸を起してしまったり 仕事面でもプライベートでもたくさんの方にご迷惑とご心配をおかけしました。すみませんでした。もう私は大丈夫です。

 今私にできることは、感染に気をつけながら元気に健康に生きていくことです。

 なので明日からも仕事の告知など明るく元気なツイートをして行きます。

 願わくば父が一日も早く回復できますように。

 パパ、帰ってきたらテレビ見ながら夜ご飯一緒に食べようね。」(原文のまま)

 ケロ氏は、1980年に新日本プロレスへ入社し同年8月からリングアナウンサーとして活躍。昭和から平成にかけ、新日本プロレスの数々のビッグマッチをコールしてきた。また、コール前の前口上で試合を盛り上げるなど独自のアナウンスは、ファンに絶賛されるなど名物リングアナとして新日本プロレスの歴史を彩ってきた。

 現在もドージョーチャクリキジャパンの興行などでリングアナを務め、また、今年5月25日にはバンテリンドームナゴヤで中日―ソフトバンクの交流戦開幕セレモニーの司会を担当するなど多方面で活躍している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×